読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の出来事

 日曜日、今年初の婚カツパーティー参戦。
 女性17名、男性15名。前半は立て続けに順番に喋り倒して、後半はフリータイム。男が好きな女の席の前に座って話して一定の時間が経ったらまた別の女の席の前へ行く形式となのだが、あからさまだと思ったのは明らかにブスの人の前には毎回誰も寄り付かない。悲しいかな2名女性が多いためにこういうことになるのだ(ゲスである私が言うのもなんだが)。結果的に投票で5組のカップルが成立。
 私?当然、敗退しました。
 この日は参加費5500円使用ですた。


 月曜日、普通に仕事。
 隣の部署の塩顔美人の事務員さんに唐突にお菓子を上げたら満面の笑みで喜んでくれた。演技かもしれないけど、二十代前半の可愛い女性の笑顔は日々の生活の光源になり得る。
 それにしても可愛い、何とかもっと接触したい。だが、私も三十過ぎの不逞の男。身の程を弁えている。しょっちゅうお菓子を上げると不審なのでごく稀にお菓子を上げる程度にして距離感を保持している。
 だが距離を詰めようと少しは努力している。1年前まで事務員さんが忙しそうにやっていたゴミの日のゴミ出しを、好感度を上げようと夏場から率先して私がするようにしたのだ。(当初は狙い通りに感謝されたが、あっさり慣れてしまったのかその後何も言われなくなってしまった…)。
 事務員さんのためにも、自主的ゴミ当番を辞めるに辞められなくなりこの日も雪の降り積もる極寒の早朝にとぼとぼと一人で当たり前のようにごみ出しをしてきました…。

 
 火曜日、普通に仕事。
 雪が降りしきる中、無目的に車を動かす。ノルマがない仕事だから何やってりゃいいのかたまに分からなくなる。しかし、唐突に修理が発生したため「修理」という目的を達成するために雪国を闊歩した。
 深夜、虚室にてこれまでに合法的に購入した女性の使用済み下着をおもむろに5枚ほど並べる。匂いを嗅ぐ、うつ伏せで自慰を執り行う。
 我に返ると穢い部屋は使用済みティッシュやら物で溢れかえっていることに気づく。断捨離しなければならない。