監禁事件について

メルカリとチケットキャンプの取引を完了して一段落。現代人は商人じゃなくても物を売るのが当たり前なんだなあ。

最近のニュースバリューは乙武洋匡又は監禁事件がシェアを占めている。
全く未知の中学生を都会のアパートの一室で監禁するという、戦慄的なほど高度なエロチズムを成り立たせた千葉大生への関心が世間に広がっている。
被害者が無傷であるため、世間は罪悪感を抱かず、安心してこの事件に注目し続けている気がする。
兵庫の長田の女児殺害事件や古くはコンクリ事件や江東区バラバラ事件のような最悪のケースはここまで面白おかしくニュースにはならない。
私にとっては最悪の結末を迎える事件ほど刺激的なものはなく、この千葉大生の事件は生ぬるくて興味がさほど湧かない。
自分が何を言いたいのかわからない。まあ殺人以外の事件はやり直しが効くから関心がなく、どうでもいいのだ。

他部署の者が独身の私を心配して、合コンがあったらどうかと言われたので快諾した。断る理由も思い付かないほどボケてきた。