雑記

やあ久しぶり。書く気力がないから休んでたよ。
最近は映画「僕だけがいない街」を見て、えらく感銘を覚えたね。
最近はDVDを借りることも増えたけど、たけしの二作目の「3-4×10月」は昔、借りたけどまた借りて見てしまった。主人公のさえない暗い男がたまたまヤクザに反抗して騒ぎを起こして沖縄に銃を買いにいって、最終的にタンクローリーでヤクザの事務所に突っ込んだという話。くだらない話なのに頭から離れないんだよな。
あと伊藤英明主演の「悪の教典」。ひたすらに生徒を猟銃で殺しまくるサイコパスのお話し。悪くない作品だった。安っぽい感動もなく淡々と殺しまくるのがやたら新鮮だったな。

AKB総選挙は6月18日に新潟であるそうですが、仕事で行けません。
取り敢えず今日も仕事だった。