みすぼらしいおっさん

昼過ぎの空いているすき家に行ったら、後から来たおっさんが隣に座りやがった。そのおっさん、あまりにみすぼらしいおっさんで、こんなおっさんと食事中に同じ空間に居たくないと思い、注文せずに店を出た。

仕事中のメシなら我慢したが、休日におっさんと密着して店で食いたくない。

結局、かつやに行った。

最近、女を買っていない。

本日2回目の取引

実は今、旅行先だから羽目を外しているわけなのだ。

射精後におしっこと容器を捨て去ってから、お次の掲示板で募集してた人と待ち合わせ。20才の娘。顔がキレイで整ってた。パンティーとパンストで4000円。

ここで豆知識。パンティーを売る人の容姿は大抵が平均以上である。なぜなら容姿がダメなら売れないから。風俗のように肉体的なテクニックを披露したり、情を交えるわけでなく、容姿と物しか材料がないとなると必然的に容姿が綺麗な人しか売れなくなるというわけだ。

容姿が綺麗なわりにはパンティーが汚れていることが多い。今回もそうだった。

 

おしっこを買った

掲示板で募集してた23才綺麗目のOLからパンティーとおしっこを6000円で買った。

相手はマスクをして顔半分を隠してた。

パンティーは手渡し、おしっこはトイレで容器に容れてもらい手渡し。

生温かいおしっこ、味がしなかった。

 

気分を害した読者はすまない。しかしこれは風俗ですら正常のセックスが(イクことが)できない私のやむを得ない現実なのだ。

正常な恋愛、正常なセックスができない人間の性癖は歪み出して、変態に歯止めがかからなくなるのだ。

相手は成人なので法的には問題ないし、こうせざるを得ない。こういう生き方にならざるを、得ない。

 

追記

待ち合わせ場所:コンビニ

おしっこの採取場所:商業施設のトイレ

感想:初めておしっこを呑んだけど美人さんの出したておしっこを呑めて夢のようです。お湯みたいにぬくもりがありました。コンビニの市販のコーヒーカップに入れてもらいましたので街を歩きながらストローで呑んでも違和感ありません。

一日

辛い。ぐずぐずした毎日に嫌気が差している。

仕事を辞めたい、旅に出たい、素人童貞を棄てたい

雑記

 今年は今のところお笑いの大会に2回でた。生涯で3回出たことになる。

 ほとんどウケることもないが、舞台裏の芸人が敷き詰められた雰囲気は独特で、そこにいれば無味乾燥した日常から逃れることができる。

 

 私は芸人になりたかったのかもしれない。

 

 20代を呆気なく過ごし、30代。遊ぶなら今しかない。